旦那妻の悩み相談

離婚しないで済む方法  本当の具体策

旦那・嫁と離婚しない 離婚せずに済む方法 離婚しない方法 無料相談

夫や妻から離婚したいと離婚話をされた時に、殆どの人は、

1、感情的になりパニックになる
2、悲しい気持ちになる
3、追いかけたい気持ちが芽生える
4、夫・妻に離婚したい理由を尋ねる
5、離婚せずに済むように、話し合いを繰り返す
6、離婚したい意志が固いとわかると、『友人やネットに解決方法を探す』
7、夫や妻の両親に相談したり、束縛するなどミスをする

という順序で追い込まれていくものです。

離婚せずに済む方法を探しているのは、

形としての夫婦を継続したいわけではなく、

普通の夫婦のように、日々の生活費や将来を心配することなく、

平穏に暮らすパートナーとして、最低限の夫婦関係修復を願っているからだと思います。

日本の法律上では、不貞行為(浮気)、暴力(DV)、行方不明などといった

有責配偶者でなければ夫・妻から離婚したいと言われても、

「私は離婚したくありません」

と言えば、離婚にはなりませんでした。

近年、最高裁で長期にわたって別居し別々の生活が出来ているだけではなく、

夫婦として機能していないということで最高裁で離婚判決ができた事例があります。

海外では、離婚話をして別居したら1年で離婚と法律で決まってる国もあります。

最善を尽くすのであれば、早めに気持ちを取り戻すしかありません。

離婚したいと言われた場合で離婚せずに済む方法を考えるならば

まずは旦那や嫁が離婚したい理由を明確に予想しましょう。

相手の言う言葉を鵜呑みにしてはいけません。

難しいことかもしれませんが、近い存在だからこそ誤まった判断をしてしまうことがあります。


旦那・嫁と離婚しない 離婚したい理由を考える際には、

まずは相手のことを、夫・妻だと思わないで、

1人の男性・女性として捉えてみてください。

夫婦であろうと他人同士が自分の「何かを満たす為に一緒になっている」関係ですから、

その欲求の具体的な内容を理解することで、

どうして離婚したいのかだけではなく、

それより重要な「離婚した後に思い描いてるビジョン」が予想できます。


男性が女性に期待しているのは、

刺激、性欲、癒し、信頼、育児、家事、金銭感覚、共感、暇つぶし。

これらに限られていて、強い順序もこの通りです。

例えば多くの男性が女性と出会うと、刺激や性欲を満たされて恋をして

それから一緒に過ごす中でドキドキ(刺激)はしなくなりセックスレスになりますが

逆に、理解し合あえることや一緒にいて「楽」ということで

癒しや信頼を満たされるようになります。

さらにそこに、結婚や子供が生まれるなど加われば、

育児や家事、金銭感覚(倹約家)なども加わり、唯一のパートナーとなるわけです。

刺激や性欲では満たされなくなってしまいますので

セックスレスなどが起きてしまうこともありますが、

それは男性は刹那的な浮気や風俗などで解消することが多いものです。


離婚しないで済む方法を知りたいならば、

自分の旦那が自分のことを女性としてどう評価しているのかを考えましょう。


旦那・嫁と離婚しない 離婚話での話し合いで聞く離婚理由などよりも気付けることがあるはずです。

同じように女性も男性に期待しているものがあります。

刺激、癒し、信頼、経済力、育児、共感、性欲、暇つぶし。

これらに限られていて、強い順序もこの通りです。

やはり女性は自分が追いかける側でいたいものです。

恋をし続けるのは女性の欲望であり、人生を男性に左右されることが大きいので

それだけ尽くしたい、この人の子供を産みたいと思えるような

特別感がある男性を選びます。

経済力は、老人になってまで働きたくない女性の方が多いことや、

子供産むことなどから、

女性が子供と自分に平穏な暮らしを提供してくれる男性を

期待するのは自然なことです。

もし妻から離婚したいと言われたら、

自分がどの項目をどの程度満たしてあげていたのか考えてみることです。

夫の「性欲」と同じように、妻は「ドキドキしたい」がありますから、

サプライズのプレゼントや、ちょっとした優しさや外食など

飴と鞭の「飴」がなければ、気持ちは冷めてしまうことでしょう。

離婚せずに済む方法・離婚しない方法を考える際、

「そうまでして、離婚後に何を手に入れたいのか?」

を予想することです。

離婚したら、あなたと夫婦でなくなるわけです。

● もっと家の中で、伸び伸びと過ごせること
● もっと好きな人と、交際したり結婚できる自由を得ること
● もっとお金の心配をしないで暮らせること

この他にも離婚理由として考えられるものはありますが、

殆どのこの3つに該当すると思ってください。

簡単にまとめれば、

● ストレスから解放される生活が待ってる
● もっと満たされる生活が待ってる

のどちらかなのです。

ですから、あなたが「反省」「愛情」アピールしても、

夫・妻からすれば、自分の将来を邪魔する嫌な人と映ってしまいます。


旦那・嫁と離婚しない 結婚するに至った特別な男女ですから、

自信は失って頂きたくないですし、

もっと酷い状況で、強く離婚したいと言われたケースからでも

離婚せずに済んだ夫婦は世の中に溢れていますから

大丈夫!」と信じてほしいのですが、

ミスは駄目です。


夫婦であるという権利に依存して、

「夫なんだから」「妻なんだから」「子供の為にも」

という考えが基礎にあると、必ずミスを犯します。

今はあなたの存在や、あなたと過ごす時間が「重い」はずですから、

それなのに話し合いを求めたらもっと気持ちは冷めてしまうでしょう。

もし離婚したいと言われたのに、普通に接してくる場合でも

それに乗じて、こちらからベタベタしたり、

一緒に過ごす時間を増やそうとすれば気持ちは離れていきます。

場合によっては別居した方が離婚せずに済む確率を高めることもあります。

下手に連絡を取り合うよりも、一定期間連絡をしないことのほうが

離婚しないで済む確率を高めることもあります。


これまでもエーシーグループ(ACG)の公式ホームページや、

社長三島悟のミシマブログで

「離婚せずに済む方法」
「夫婦関係修復の復縁方法」
具体的なアドバイスやプロを利用する際の内容について

詳細に記載してきましたが、

1st究極策と呼べるのは、

離婚したいと言っている妻・夫の離婚後のビジョンを壊すことです。

離婚すれば、もっと~なる!と思ってるその部分を壊せば

人は離婚することに対して迷いを感じるようになります。


旦那・嫁と離婚しない もしかしたら、自分の判断は間違っているのではないか?

離婚したら後悔するかもしれない。

自分が思ってるようなストレスない生活になるのではなく、

もっと大きな違うストレスを抱えることになるかもしれない。

浮気相手の好きな人が、想像と違って酷い人だった・・・

何の為に離婚したいと思ってたのかわからない・・・

自分と似た人間から、離婚しないでよかった体験談を聞かされたら

なんだか自分もそんな気がしてきた。

忘れていたけど、妻(旦那)って良い人だ・・・

こんなことで離婚していたら、誰と結婚しても続かないかもいれない。

復縁することは、とても価値あることかもしれない。


そうした「気づかせること」こそが離婚しないで済む為の一歩になることです。

これらはあなたが自力で出来る範囲ではないので、

弊社のような専門家の利用も検討されてみてください。

男女問題、夫婦問題に費用をかけることに抵抗を感じられるかもしれませんが、

これだけのピンチの際は、視野を拡げてみてください。

病気の時は病院。問題発生時は弁護士。受験の際は塾。

家が壊れたら工務店。。。。

離婚することで生じるマイナスを考えれば、

自分と自分の友達の経験だけに頼ったり、

簡単に得られるような離婚回避カウンセラーの作ったマニュアルや

信憑性のない占い鑑定や診断などでは状況は悪化します。


これだけは断言します。


夫婦が離婚せずに済む方法は、その夫婦によって全て異なります。

夫や妻の価値観やストレスの原因、離婚後に思い描いてるメリット、

別居のメリット・デメリットや、自分で出来ることの範囲も違います。

同じ条件での、離婚回避方法とその成功・失敗の経験値がなければ ただの机上の空論となります。


離婚・復縁カウンセリングなどは、推理のみでプランを組み立てます。

エーシーグループのような専門会社では、

離婚したがってる妻・夫の離婚したい理由を、

調査員や工作員を用いて直接本人から聞き出し確認しますから、

真実に基づいて離婚対策を進めます。

そして、上記で述べましたように離婚回避において一番重要な

●あなたと過ごしていない時間にて、離婚しない方向に心理誘導すること

によって、あなたに対するハードルを下げ、

あなたの反省や愛情を素直に受け容れてくれたり、

あなたの長所をもう一度再評価するように出来ます。

これ以上に現実的で具体的な離婚しない方法は存在しません。

間違いなく、1st究極策です。


旦那・嫁と離婚しない 勿論、この方法が完璧なわけではありませんし、

どれだけの手間暇をかけるかによってその達成率(成功率)は異なります。


まずは

匿名で相談できる、無料メール相談や、無料電話相談にて

どれくらいの可能性があるのか、知ってみてください。


知ることが、あなたに出来る「一歩」のはずです。